2009年01月12日

パチンコが悪いと言うなら新年一般参賀はどうだ?

科学という学問においては原因と結果の関係をきちんと見抜く技術が絶対的に必要なのですが、どうやら「戦後教育」とやらではこの技術の習得を一貫して怠ってきたようですね。「asahi.com(朝日新聞社):出火時、母親「パチンコに」 千葉、子ども3人死亡 - 社会」というニュースと、くだんの母親をバッシングするネット世界の住人を見ていてつくづくそう思ったことでした。

千葉県松戸市常盤平7丁目の常盤平公団住宅で6日に無職田之口舞さん(23)方が全焼し、子ども3人が死亡した火災で、松戸東署に対して田之口さんが出火当時、「パチンコに行っていた」と話していることが7日、同署への取材で分かった。田之口さんは当初、病院に行っていたと説明していたという。
 同署によると、田之口さんは6日午前から近くのパチンコ店に出かけ、いったん帰宅して子どもたちにミルクや食事を与えた後、午後3時すぎ、再びパチンコ店に出かけたと説明しているという。
続きを読む
posted by あぐりこら at 16:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

ナチスによるユダヤ人弾圧はなかった

もしくはナチスによるユダヤ人問題の「最終解決」は実際に起こったことだけど、それは「良いこと」だったに違いない。

ユダヤ人がナチスにこっぴどい目に遭わされたというのが事実であり犯罪であるとしたら、現在ガザのパレスティナ人に同様の「最終解決」を行っていることを正当化できるはずがないじゃないか。

posted by あぐりこら at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

こんにちは!初めてトラバさせていただきます!!(嘲

拙エントリ『「入れ食いの爆釣」by はなさん』に「暇人」さんという方がトラックバックを送ってくれました。俺のエントリに言及しているわけじゃなし、正直なところ意図がよくわからなかったのですがトラックバック元のエントリで看過しがたい意見を述べているのでトラックバックを返しがてらツッコミを入れてみます。

続きを読む
タグ:トンデモ
posted by あぐりこら at 17:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

「入れ食いの爆釣」by はなさん

花岡信昭・産経新聞客員編集員のブログに「「坂本発言」とネット社会:イザ!」なるエントリが上がってました。昨日は変化球で内角高めを狙ってみましたが、今日は直球ど真ん中で行きます(別に野球なんて好きじゃないですけど、なんとなく)。

ネット社会において「見苦しい」とされる行動は色々ありますが、炎上した後で「アレは釣りだよ釣り!釣られた人はゴクロウサマだねぇ、あっはっは!」などと言うことはその最たるものの一つではないかと、小生は愚考いたします(昔は俺もやりましたけどね)。

続きを読む
posted by あぐりこら at 14:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

苦労自慢が台無し

「腐れチ○ポ」「鬼畜王はなさん」こと花岡信昭・産経新聞客員編集委員のブログエントリ「坂本氏の発言は正論なのだろうが:イザ!」を読んで大爆笑。論旨がトンデモなのは毎度のことなので今回は措きますが、以下の下りには突っ込まずにはいられませんでした。

筆者は大学時代、新聞社にはいることしか頭になかったから、新聞OBが主宰している「私塾」のようなところへ毎週通い、文章の添削を受けた。
続きを読む
posted by あぐりこら at 22:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「品」という概念を理解しているか疑わしい

新年早々橋下クソ知事閣下は絶好調です。「橋下知事「昨年は上品過ぎた」? 色紙に「動」 - 47NEWS(よんななニュース)」

大阪府の橋下徹知事は5日、大阪市内で開かれた新年互礼会で「昨年は上品にし過ぎた。今年はもっと自分らしさを出し、思い切って勝負をかけたい」と強い決意を示した。

今年は「変質者」「クソ坊主」「オナニー新聞」「チンカス弁護士」に匹敵する下品な物言いを復活させるという所信表明ですね、わかります。うんうん、たしかに「めんどくせえや」とか「バカ」とか「きょういくいいんかいのクソ」とか、ずいぶんどりょくしておじょうひんにふるまっていたものねぇ、とおるちゃん(←棒読み)。

posted by あぐりこら at 21:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

「変態」が「性欲」に直結する誰かさんが一番えっちな件

新年のご挨拶を申し上げるべきところですが、昨年の初秋に祖母が亡くなりまして喪中につきご遠慮させていただきます。

さて「バカって言うヤツが一番バカなんだぞ!」は子供の口げんかの常套句ですが、ホーチンフェイ先生の駄コラム「【コラム・断】「変」な時代来る」:イザ!」についても似たようなことが言えます。ネタ元は例によってpr3さんの「黙然日記」のエントリ「産経と議員団の対馬視察、他。 - 黙然日記」です。

十二日清水寺で今年を表す漢字として「変」が大きな紙に書かれた。これを見た私は、なるほど今年は「変態」がはやったからなあ、と思ったのだが、アナウンサーの言うことは違った。アメリカの次期大統領オバマの「チェンジ(変革)」、世界的な経済「変動」、気候の「異変」のことなんだって。揮毫(きごう)した寺の僧は「政治、経済、社会を“変えて”ほしいという気持ちの表れ」と語った。
続きを読む
posted by あぐりこら at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

橋下徹を施設にぶち込め

大阪府立精神医療センターに電話したところ、女性の医師が出た勿論うそだけどうその会話記録を以下に示す。

続きを読む
posted by あぐりこら at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

開いた口がふさがらない

「めんどくさいから」橋下知事、公開請求受けたメール削除 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)が酷すぎます。

橋下知事は府庁で報道陣にめんどくさいから、メールを消しちゃいました。残せということになったら、『ごめんなさい』するしかない」と釈明した。現在、保存している知事メールは近く請求者に公開する方針で、今後、メールの保存基準について検討を始める。
続きを読む
posted by あぐりこら at 15:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ミンスの強行採決はきれいな強行採決(嘲

ホーチンフェイ先生のアホコラムとかクソ知事閣下の電波ぶりとか、いろいろ取り上げるネタには事欠きませんが、今回は「asahi.com(朝日新聞社):雇用対策4法案が参院委可決 野党が強行、与党は抗議 - 働けど貧困」 で決まりです。

続きを読む
タグ:ネタ
posted by あぐりこら at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

賠償するけど控訴もします???

とりとめなくWebを見回っていたら「橋下知事 賠償金856万円支払っていた:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)」という記事を発見。

山口県光市の母子殺害事件の男性被告(27)=死刑判決を受け上告=の弁護団への懲戒請求を呼びかけたテレビ番組での発言をめぐる訴訟で、広島地裁に800万円の賠償を命じられた大阪府知事の橋下徹弁護士が、遅延損害金を含め計約856万円を原告の弁護士4人に支払っていたことが12日、分かった。この訴訟で橋下弁護士は控訴している。
続きを読む
posted by あぐりこら at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

怠慢としか思えんのですが……

今日のお題はやっぱり「橋下知事、学力向上へ携帯電話追放宣言 年度内にも公立小中 (1/2ページ) - MSN産経ニュース」でしょう。こういうのを行政の長である政治家が提唱するのはモンスター有権者迎合なのですが、有権者側のリアクションは小中学校にケータイ持ち込み禁止、大阪府の保護者7割が「賛成」 - ITmedia Newsだそうで……大阪の保護者は7割もモンスターなのか、と暗澹たる心地がいたしました。

続きを読む
posted by あぐりこら at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

それゆけぼくらのラジヲマン!

他人の粗探しばっかりしてても飽きるので(ごめんなさいウソです)、たまにはマンガのことなど書いてみましょうか。

続きを読む
posted by あぐりこら at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

産業や経済を危うくする新聞

にちゃんねるの「産経抄ファンクラブ」スレ(読む価値がある希少なスレ)で知ったのですが「鬼畜王はなさん」「腐れチ○ポ」こと花岡信勝・産経新聞客員編集委員が「【政論探求】どうせ「ばらまき」ならば…」と題した記事で経済音痴っぷりを披露しています(以下に引用した文は無駄に二つの段落に分けられていたため、一つにまとめてしまいました)。

ここは注意深い言い方をしなくてはならないのだが、低所得層への給付金は生活費として消えてしまう。中堅層以上だと、「家族そろって、うまいものを食べにいこう」「買いたかったコートを」といった話になる。そこで初めて消費拡大効果が出る。所得制限は「正しいこと」として受け止められるはずと踏んだのは、「錯覚」ではなかったか。
続きを読む
タグ:トンデモ
posted by あぐりこら at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

【断 あぐりこら】「最低売文家」の正体

vanacoralさんの日記で知りましたが、ホーチンフェイ先生のコラムがいつものこととはいえ絶好調にトンデモです。

続きを読む
posted by あぐりこら at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

天下ラー襲撃事件の犯人らしき人物が自首?

現在天下りして優雅な毎日を送っていらっしゃる財団法人のえらい人(元厚生省事務次官)のおうちを襲撃して住人を殺傷したという人が警視庁に出頭したとかで、テレビが大騒ぎでした。襲撃の対象者を「元厚生省事務次官」と捕らえるか「天下ラー(天下りした元役人を意味する造語)」と捉えるか、私は断然後者の立場を取りたいと思います。直感だけど。

さて、俺は遅い晩飯を食いながら「ニュースキャスター」なるテレビ番組を眺めていてこの件を知ったのですが……佐々淳之ってじいさん、噂には聞いていたけどホントに酷いですねぇ。元検弁護士の住田さんにツッコミは入れられるわ、本件の刑事裁判における被告側弁護団の弁護方針にまでいちゃもんを付け出すわ(犯人はまだ逮捕されてすらいないのに!)、英雄視するような報道は怪しからん。徹底的に「卑怯者」として報道せよ、なんて印象操作をそそのかすわ。こんな耄碌じじいを「危機管理の専門家」の肩書きでテレビに引っ張り出すなんて理解に苦しみます。

ついでに電波な妄想を一つ。今回の自首は実は陽動で、犯人が自首して事件が一件落着したという油断を誘い、気のゆるみを突いてさらなる犯行が為されるのです!

posted by あぐりこら at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

大阪府におけるモンスターの実態

「モンスターペアレント」と呼ばれる始末に負えない保護者が問題になっていますが、そんなモンスターな親御さんがモンスターな政治家をも兼ねているとなれば輪をかけて始末に負えません。ご想像の通り橋下クソ知事閣下のことです。

まずはクソ知事閣下の保護者としてのしょーもない発言をご覧ください。

橋下知事の長女は同市内の小学校に通う6年生で、今回の学テの対象。知事は11日午後に開かれた説明会に出席。「説明会を開くのはすばらしいが、メリット、デメリットを説明しなければ保護者は公表、非公表について判断できない」と意見を述べた。その上で、他の市町村の公表状況や公表理由について説明を求めたところ、山元行博教育長は「確認していないので分からない」と答えたという。

学力テストの成績を非公開にすると決めたのは文部科学省であり、市教委はそれに従っただけじゃないんですかね。岩国市の住民投票を「外交は国の専管事項なのに口出すんじゃねーよ」などと斬って捨てた御仁が、文部科学省の専管事項たる学力テストに容喙するとは、まさに自分の発言に無責任なモンスター政治家の面目躍如です。

橋下知事は12日、取材に応じ「公表で数字が独り歩きするのは危険、という主張だった。完全に思考停止になっている。保護者としては不信感を抱いた」と述べた。

例によって言いっぱなしの無根拠な妄言です。「公表で数字が一人歩きするのは危険」という説明がどうして思考停止なのか説明しなければ有権者は閣下の発言の妥当・失当について判断できないんですがね。他人にばかりアカウンタビリティ(説明責任)を求めるとは、政治家としての器が知れます。

お次はこの府民にしてこの知事ありと言いたくなるようなモンスターな皆さんのご登場。

ある母親は「学校の通知表を見ても、わが子がどの程度のレベルなのか分からない。もっと競争心をあおったほうがいい」と不満を口にし、父親の一人は「公立学校に学習のことは期待していない」と痛烈に批判した。

まずは競争原理至上主義のおかあさんの発言。そもそも義務教育は基礎的な教養を身につけさせるものですから絶対評価で十分なのに「競争心をあおったほうがいい」とは理解しがたいモノがあります。合格点のレベルが低すぎるとか評価基準がアレだという問題はあるようですが、それは競争心を煽っても解決しません。こんな無教養な親に育てられりゃ、そりゃあお子さんは学力も落ちるわ。

次はおとうさん。「公立学校に学習のことは期待していない」?結構なコトじゃないですか。貴方がそう感じるならば、それは三浦朱門・曾野綾子夫妻の提言が実現していることの証左ですよ。文句があるなら地方自治体の教育委員会ではなく自称クリスチャンの電波なご夫婦に言いなさい。

教員からは現場の人手不足を訴える意見が相次いだほか、「(成績上位層への指導よりも)学力面で厳しい子供をすくい上げることに力を入れてしまう」と明かす小学校教諭もいた。

義務教育の理念がそういうものですから。今後も平均以上の子供には平均程度に教えて、残りのリソースを「すくい上げ」に集中していただきたいところです。

一方、児童からは「学校の授業は勉強ができない子に合わせ過ぎている」といった意見が出た。

いますよねーこういう井の中の蛙みたいな馬鹿ガキ。言ってることはとどのつまり「俺様の知力に合わせて授業を進行しろ」ということですが、そういうことは家庭教師のトライの先生に要求すべきで、義務教育に要求するべきではないことが理解できていない模様が実に痛い。……いや、ひょっとしたら場の空気を読んで迎合的な発言をした聡い子なのかも知れませんが。

ここでいきなり俺の体験談になりますが、昔から本の虫だった俺は小学校時代は塾に行くまでもなく国語・算数・理科・社会が平均以上にできた子でした(中学時代は塾に通ってそこそこの成績をキープしたものの高校で一気に落伍……orz)が、「学校の先生ができない子に合わせすぎている」とはこれっぽっちも思わず、むしろ「先生はできない子を存分にフォローしてくれ」と思っておりました。小学校の授業で教わることが基本のキの字、良くできたって自慢にならないけど身につかなかったら大変だということは身に染みてわかっていましたからね(えっちでよろしくない大人向けの本は読めない漢字と意味がわからない単語で一杯だし、化学式とか数式とかワケわかんないし)。……もっとも音楽・図工・体育が惨憺たる出来で、できない子の悲哀もたっぷりと味わっていたことも一因なのでしょうけど。

posted by あぐりこら at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

トンデモ愛国者の野党的振る舞い

日教組が強い地域ほど学力が低いというのが、今は亡き(死んでないって)中山失言担当大臣の主張ですが、自称愛国者の皆さんはこの主張に熱烈に賛成していらっしゃいます。当方は理系の端くれとして非常に気になるのですが、その日教組の強さとやらはどのようにして測定するもんなんでしょうか。どうも自称愛国者の方々は何かを「調べる」能力と技術が絶望的に欠落している模様ですから(愛国心を涵養するだけじゃ真人間になれないという絶好の見本ですな)、ここで落ちこぼれエンジニアの俺が科学的調査のなんたるかをレクチャーして進ぜましょう。

最初に仮説を立てます。たとえば「日教組が強い地域ほど学力が低いのではないか?」などというのが仮説です。ただし仮説はあくまで仮説、この段階では単なる思いつき以上の何物でもありません。

次にその仮説が正しいか間違っているか検証する方法を考えます。たとえば日教組の強さはその組織率が表していると仮定すれば、県ごとの日教組の組織率と学力テストの平均点を比較するのが妥当だろうと考えることができるわけです。この段階で間違えると、調査をしても仮説が正しいか間違っているか検証できなくなるので、納得がいくまで「これでいいのか?」と考え直すことが大事です。そして他に「強さ」を表すもっと適切な指標が見つかれば検証の方法を再検討します。

次はいよいよ調査です。事前に決めた検証の方法に従い、統計資料を参照したりアンケート調査をしたり実験をやって計測値を記録したり、さまざまなデータを集めます。今回は文部科学省実施の学力テストの県ごとの平均点と、そして日教組の県ごとの組織率のデータを貰えばいいでしょう。

そして最後に調査結果を評価して仮説を検証します。集めたデータからどのようなことが言えるのか、統計学を使って分析し、仮説が正しいか間違っているか最終結論がでるわけです。ちなみに中山失言の直後「日教組の組織率と学力テストの平均点の関係」の調査は全国紙などで行われましたが、その結果は「そんなの関係ねぇ」というものでした。日教組の組織率も平均点も高い県があり、逆に組織率も平均点も低い県(大阪府とかな!)があり、組織率が高く平均点が低い県も組織率が低く平均点が高い県もあったので、日教組の組織率と平均点には特に因果関係は無かったとわかったわけです。

こんな具合で、何か仮説を検証するというのはとてもとても大変です。なのに地域ごとに学力テストの平均点を出して順位表を作っただけで「日教組の強い地域ほど学力が低い」などとほざいた中山失言担当大臣や、その尻馬に乗る大阪府のクソ知事その他は人生ナメてると断言して差し支えありません。政治屋どものお気楽な思いつきで政治を左右されてはたまったものではありませんね。

さて、上記のように一応の結論が出たところでサヨク・リベラル方面の人は鬼の首を取ったかの如く「ホラ見ろ中山の言うことなんぞは嘘っぱちだ!」と大喜びで中山批判を展開したわけですが、そうなると納得がいかないのが「自称愛国者」のみなさん。ああいえば上祐こう言うを地で行って「いや、日教組の強さは組織率の高さではわからない。影響力の強さなんだ」などと、あくまでも「日教組が学力低下の元凶である」という仮説が正しいと主張します。もちろん検証が終わった後でもその方法に問題があったなら、一切合切を白紙に戻して一からやり直さなきゃいけませんが、(イ)「強さ」を表す指標として「組織率」より適切なのは何か、(ロ)「組織率」が「強さ」を表さないのはなぜか、(ハ)「影響力」はどうやったら数値化できるのか、の一つ以上を述べられないでは、彼らが蛇蝎の如く嫌っていらっしゃる「反対ばかりしている野党」の振る舞いそのものというものです。反対するなら対案を出せよ対案を!!

posted by あぐりこら at 01:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

今日の禁句「それでも○○のプロですか」

『「それでもプロか」と校長研修会で“喝” 大阪府教委』という記事が出ております。

大阪府の橋下徹知事が教育改革のブレーンと位置づける府教育委員の陰山英男氏(立命館小学校副校長)らが6日、大阪市内で開かれた小中学校長対象の研修会で講演し、「それでも教育のプロですか。子供に申し訳ないと思いませんか」と厳しい“喝”を入れた。

まぁ、怠慢な教員に喝を入れるのは悪いことじゃありませんね。問題は何を以て「怠慢」とするかってことなんですが。

講演で陰山氏は、中学校の地理で教えているヨーロッパの国の数を質問。大半の参加者が間違えると、「だからダメなんです。プロたる教師がそんなことを知らずして世の中がまともに動くはずがない」と語気を強めた。

これだもの。受験を控えた高校生みたいなことをいきなりやらされてすんなり答えられる人間は、校長先生といえども大勢いるとは思えませんけどね。というか、当のご本人は似たようなこと(たとえば「アルカリ土類元素の数は?」とか)を抜き打ちでやられたら、当然正解できるんでしょうねぇ?

かつてアメリカで「今の子供たちはイリアスもオデッセイアも知らんのです!」と吠えて教育の荒廃を嘆いたテレビのコメンテーターに対し、マイケル・ムーアは「おい、イリアスとかオデッセイアってのは何のことだ?俺に教えてくれよ」と突撃取材をかけ、当のご本人がホメロスの叙事詩なんぞこれっぽっちも知らないことを暴露して赤っ恥をかかせたそうですが、陰山先生が件のコメンテーター氏のような恥ずかしい目に遭わないことを祈念して已みません。立命館中学校の生徒は先人の範に倣い、せいぜい副校長先生を質問攻めにしてみてください。

また、陰山副校長先生は、ボスであるクソ知事閣下にお聞きしてみることもお勧めします。日本国憲法や法律に関しては「それでもプロですか」と言いたくなる珍答が飛び出すこと請け合いですよ。

posted by あぐりこら at 13:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

大月隆寛教授の領土割譲論

「黙然日記」さんが呆れ果てて匙を投げております『【コラム・断】平和を愛する諸国民の「実効支配」』を読みました……酷い代物です。当方は例によってお軽いところを一つ取り上げてみることにします。

続きを読む
posted by あぐりこら at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。