2009年08月17日

麻生の誤読に関する一考察またはゲスの勘ぐり

asahi.comの記事「asahi.com(朝日新聞社):首相、希求を「ききょう」と読み間違え 戦没者追悼式で - 政治」によると麻生総理大臣が恒例の誤読をかましたそうです。

麻生首相は15日の全国戦没者追悼式の式辞で、「国際平和を誠実に希求する国家として、 世界から一層高い信頼を得られるよう、全力を尽くしてまいります」の「希求(ききゅう)」を 「ききょう」と読み間違えた。
続きを読む
posted by あぐりこら at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

敗戦記念日とかVJ Dayとか光復節とか

大日本帝国が戦争に負けた日も何事もなく過ごしてしまいました。当方はかねてより「8月のウヨは3の倍数の日にアホになる」などとこの時期の自称愛国者の行動を罵倒しているのですが、靖国ヲチャーの方のブログなどを散見するに、今年も存分にハジけたみたいですね。頭が痛い。

自称愛国者の心の友「産経新聞」も数日前から出力全開で毒電波コラムのオンパレードでした。私もMSN産経のサイトで電波な記事を探してははてなブックマークに登録しているのですが、数が多すぎてソレをネタにブログを書くところまでこぎ着けることができませんorz。キャパシティオーバーです。

posted by あぐりこら at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

時代考証を怠る産経「主張」

なんだかここ数日、歴史の知識がクソお粗末なコラムが産経新聞に多発しているみたいな気がしてしまいます。昨日は江戸末期の黒船来航のお話がダメでしたが、今日は「【主張】出会い系サイト 軽々しさに危険がひそむ - MSN産経ニュース」で王朝時代の貴族の恋愛を引き合いに出して華麗に自爆しています……って、のんびりしてたら「産経「主張」、また被害者叩き。他。 - 黙然日記」で素早くツッコミが入ってしまいましたorz。気を取り直してこのコラムが時代考証の面でデタラメだという角度からツッコミを入れてみようと思います。

なお、あらかじめお断りしておきますと、当方は学生時代は歴史が嫌いでした(今でも「学校の歴史の授業」は嫌いです)。無味乾燥な有象無象を覚えなきゃいけない苦痛は耐えがたく、それから逃避したい一心で高校時代に「理系コース」を選択したくらいです。当然のことながら歴史の知識は至ってお粗末ですが、そんな俺ですらツッコミどころを見つけられる産経のコラムというのは一体どんな御仁が書いているやら。

それにしても昨今は、人と人の出会いがあまりにも軽々しいものになってしまったことに慨嘆を禁じ得ない。「会う」とはもちろん、人と人とが対面することだが、王朝時代には「男は女にあふ事をす…」(竹取物語)と示されるように、「男女が関係を結ぶ」「結婚する」の意もそなえていた。単に男女が対面するだけでなく、互いの愛を確かめ合うという実に重大な人間関係の上に成り立つ言葉だったのである。
情報伝達手段が発達し多様化した現代では、電話やネットによって人は互いに匿名で、生身の顔を見せ合うことなく、“仮面”をかぶったままでも「会う」ことが可能となった。初めて生身で会ったときには既に、相手を観察する用心深さも消えているから、まるで顔見知りであるかのような気安さを覚えたとしても、特に不思議な話ではなかろう。かつて流行したテレホンクラブも、そんな土壌に生えた毒草だった。
続きを読む
posted by あぐりこら at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

中学生にも劣る産経横浜総局長

今年は横浜開港150周年だそうで、海っぺりでは何ぞイベントが行われている模様です。当方はネイティブの神奈川県民ではあるのですが、横浜に出るより新宿に出た方が楽な土地に住んでいるので、横浜で催されるイベントにはほとんど縁がありません。15年以上も前、ボーイスカウトだった時分に横浜万博に動員をかけられた記憶とか、これまた15年以上も前に中学校で合唱部に入っていた頃に合唱コンクールで横浜の県立音楽堂に行った記憶がかろうじて残っているくらいです。ランドマークタワーには一度しか行ったことがなく、中華街も一度しか行ったことがなく、レインボーブリッジは電車の車窓から眺めたことしかないなど、我ながら同じ県に在住とは思えないくらい疎遠です。

さて、横浜開港150周年記念の開国博覧会「Y150」について、産経新聞横浜総局長が「【from Editor】見込み違いの「Y150」 - MSN産経ニュース」なるコラムを書いています。論旨については(前述の通り横浜とは疎遠で判断材料が絶無なので)評価を保留しておきますが、それ以前の問題でお馬鹿さんな文を発見してしまいました。

小さな寒村だった横浜村がペリー来航によって変貌(へんぼう)していく様子は、それだけでも興味深い。黒船に日本人は慌てたが、横浜の発展ぶりをみると、「たった四杯(四隻)で夜も眠れず」という太平の眠りは一晩か二晩で、後は、したたかに適応したことがわかる。
続きを読む
posted by あぐりこら at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

社会の進歩を解さないコラム

あいにくの悪天候で7月22日の日食は見れませんでした。私は観測旅行に行くどころか日食グラスも入手しなかったので「ネット中継で見るか」と思っていたのですが、これも悪天候でダメだったりして、次に日本で見られるという金環食でリベンジできればいいなと思ってます。そういえば「日食グラスの処分セール」ってどこかでやってませんかね?次回の直前にオタオタするのもあほらしいし、腐るもんじゃないし、安く買えるなら今買っておくのも悪くないんじゃないかと思うのですが。

さて、そんな日食はメディアにおいても盛んに取り上げられたわけですが、我らが産経新聞では「【主張】皆既日食 感動を英知につなげたい - MSN産経ニュース」なるコラムで期待を裏切らないトンデモっぷりを披露しています。

今回の皆既日食で考えさせられたことが、もうひとつある。「専用の日食グラスを使わないと失明の恐れがある」という警告の大合唱だ。煤(すす)をつけたガラスで眺めた今の大人の世代や途上国の子供たちが失明したのか。

教えるべきは、長く見続けないという常識であり、望遠鏡でのぞくといった絶対にしてはならないことだ。社会全体が過保護になってしまっては、人間に必要な判断力の成長をゆがめてしまう。
続きを読む
posted by あぐりこら at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

あー、そういえば(その2)

このブログもこのエントリで100エントリ目です。皆様ご愛顧ありがとうございます。

まずはご連絡。先般「ヘタレウヨが泣き言を垂れてます」に「まともな議論のできるサヨクの足手まとい」とのコメントをお寄せ頂いた「やっぱり」さん、あなたが実はウヨなのではないかという疑いが捨てきれないので、御自分のブログにエントリ上げてトラックバックを送ってもらえませんかとお願いした後、10日程待ってみましたが一切リアクションがありません。したがって、あなたは私が罵倒したところのヘタレウヨで「足手まとい」というコメントも妨害目的であろうと認定して差し支えなかろうという結論に至りました。ありがとうございます。あなたのような卑劣漢が私なんぞの場末なブログをご訪問くださった栄誉を励みに、非国民の一人としていっそう精励する所存です。

さて、このブログは自称愛国者の方の色眼鏡を通すと「自民党政権を揶揄してばかりの民主党信者のブログ」に見えるらしく、これまでも的外れなコメントの数々で楽しませてもらったものです。これはこれで面白いんですが、彼らのご希望に添い続けるのも癪ですし(実際には民主党を「民主自由党」とか揶揄してますし、参院での強行採決も批判してるんですけど、色眼鏡を通すと不都合なエントリは見えなくなるらしい)民主党批判に格好のネタを見つけましたので取り上げてみます。

asahi.comの記事「asahi.com(朝日新聞社):民主公約、夫婦別姓明記見送り 党内に根強い慎重論 - 政治」によると、民主党はこれまで社民・共産と共同で提案してきた「夫婦別姓」を可能にする民法改正を、次の選挙のマニフェストから明記しないことにしたんだそうです。

しかもその理由というのがすこぶる奮ってて「ある幹部」曰く「これまでは野党だから(否決前提に)提出できた」(政権奪取が現実味を帯びてきたので、そんなラディカルな政策はマニフェストに盛り込めない)ってんです。

つまり、これまで民主党は

  1. 自分たちが政権を取った暁には実現する気などないラディカルな政策をマニフェストに盛り込み、国会で法案を提出
  2. 与党が否決に持ち込む
  3. 「俺たちリベラル、アイツら反動」と喧伝して自民党左派の支持層も社民・共産の支持層もまとめてゲットだぜ!

という阿漕な印象操作で支持を拡大してきたというわけです。有権者を馬鹿にした話ですね。かつて自民党を「やるやる詐欺」と評した民主党議員がいましたが、彼ら自身の行いも充分その評価に値するみたいです。

posted by あぐりこら at 14:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

産経校閲部は未だ健在なり

【主張】与那国島に自衛隊 防衛の空白解消は当然だ」という産経新聞のコラムを読んで沖縄戦を経験した沖縄県民感情への配慮から、十分な措置がとられてこなかったなどという責任転嫁に頭に血が上ったりしましたが、文末の一文を読むなり爆笑してしまいました。

それだけに、先島諸島の防衛、監視活動がますます重要性を増している。専守防衛すら危うい空白の状態から脱するのは、遅きに失したと言いたい。
続きを読む
posted by あぐりこら at 11:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

キリンさんが好きです、でもゾウさんはもっと好きです!

タイトルは「松本引越しセンター」のコマーシャルで女の子が受話器に向かって喋る台詞だと記憶していたのですが、ぐぐってみたら「ゾウさんのほうが」って書いてあるページも多々ヒットします。俺、記憶力が怪しくなりかかっているのか?

さて、ひとまず松本引越しセンターの話は脇にのけておいて本題に入ります。先日「お前が言うな」というエントリを書いたところ、そこにargonさんという方がコメントを寄せてくれました。

弱者のことを慮るというのは、人間の最も高度に知的な行為だと思うのですが、その機能が根こそぎ欠損したような賭知事は、したがって人間としては致命的な知的障碍者といっていいでしょう。でも、そのような人物だからといって、彼に人格というものがあるのかね、などという疑問をぶつけるようなことはしたくありません。

そんな嫌味をこのブログで書いた記憶などどこにもないのですが……と過去の行状を思い出すこと5秒、どうやら私が書いたbogusnewsの嘘記事のコメントへのご意見なのではないか?と思い当たった次第です。確かに「鳥頭インフルエンザ、人間で発症─ついに国内でも」にそんなコメントを書いてましたね俺。

ブログのコメント欄と言うのは基本的にブログエントリに対するコメントを書くところだと思いますので、何の前フリもなしにbogusnewsで2年以上も前に私が書いたコメントについてのご意見を開陳されても「何言ってるんだこの人?」と頭を抱えてしまいます。一瞬、コメントを承認しないで削除したっきり忘れてしまおうかと思いましたよ、俺は。

……しかも、このコメントがどういう魂胆で書かれたのか見当がつきませんし。argonさんが「したくありません」という意見をお持ちになって実践なさるのは構いませんが、それを私に対して表明することで何をどうしたいのでしょうか?かかってきた電話に出たら、小さな女の子に「キリンさんが好きです!でもゾウさんの方がもっと好きです!!」と力強く断言されて電話を切られたような心境です。

posted by あぐりこら at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

お前が言うな

全盲の日本人ピアニストが権威ある一般の国際ピアノコンクールで優勝したそうですね。それ自体は大変すばらしいことだと思うのですが、テレビを見ている「おもちゃのピアノでメロディを」などのエピソードをどいつもこいつも馬鹿の一つ覚えで放送しやがって、何度も何度も何度も何度も似たような番組を見せられた当方などはいい加減食傷している今日この頃です。なんだか前回から随分間隔が空いてしまいましたが、今日はこの件に関する「賭知事」石原慎太郎のクソみたいな発言を取り上げます。元ネタは「【石原知事会見詳報】「変に鳩山君、張り切っているね」 (1/5ページ) - MSN産経ニュース」です。賭知事閣下のまくし立てた事をそのまーんま文字に起こしたとしか思えない上に、複数ページに分割してページビューを稼ぐという産経のせこい手口も加わって非常に読みづらい記事で申し訳ないのですが、おつきあいください。

続きを読む
タグ:政治 ネタ
posted by あぐりこら at 20:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

あー、そういえば

このブログも開設一周年です。読者の皆様ご愛顧ありがとうございます。

前のエントリから2週間くらい経過してますが、どうにもテンションが低く、ネタを仕入れてはみるのですが練り込みが足らなくてボツにしてばかり。今日はそんな棚晒しのネタを一挙公開してみます。

続きを読む
posted by あぐりこら at 15:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

おつむの回路が1ビットの人たち

海上自衛隊をソマリアに派遣して海賊対策させることに反対しているピースボートの皆さんが、航海中にソマリア沖を通過する際に海自が護衛する船団に加わっていたそうで、産経新聞を筆頭に自称愛国者の人が大喜びです。

海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。
海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。
66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。
ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。
ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。

このニュースに言及しているiZa!ブログや外部ブログのエントリはご覧の有様です。

なんだか一つだけ何の関連もないトラックバックが混じってますが、それも含めて実に香ばしいですな。世界初のマイクロプロセッサはインテルの4004という卓上電子計算機(早い話が「電卓」)用の4ビットプロセッサだったそうですが、それにも劣る1ビット思考のアホンダラなおつむの持ち主が勢揃いしていて実に壮観です。以前私が某所で軽く捻って差し上げた「よもぎねこ」というブロガーからのトラックバックもありますね。

続きを読む
posted by あぐりこら at 03:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

市中引き回し決定

議員宿舎で不倫したとか教育上どうにもよろしくない醜聞が後を絶たない鴻池祥肇官房副長官ですが、温泉旅行に行くのに公務用の議員パスで新幹線のただ乗りをしたことがばれて副長官を辞任しました。毎日新聞記事「鴻池官房副長官:女性問題報道で辞任 後任は浅野勝人氏」によるとこういうことをしでかしていたそうです。

週刊新潮の記事によると、鴻池副長官は4月28日から2泊3日で、静岡県熱海市のホテルに女性と宿泊。新幹線での往復には国会議員の公務用に支給されるJRの無料パスを使用したという。
続きを読む
posted by あぐりこら at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

日本の地理も知らないくせに「愛国」って何の冗談ですか。

sankei20090501.png2ちゃんねるの「産経抄ファンクラブ」で拾ったネタです。まず理屈抜きでスクリーンショットをご覧ください。 元ネタの記事が今後どうなるかは定かではありませんが(このエントリを書いているのは5/2の午後2時ちょっと前)、タイトルにはしっかり「横浜知事」と書いてありますね。横浜が都道府県に格上げされたとは神奈川県民の俺ですら初耳です……もちろん、記事本文を読むと有害ゲーム規制と禁煙ファシズムがお好きな松沢神奈川県知事の発言に関する記事なんですけどね。

先頃…そうか、産経には校閲部があったのか。っていうか、校閲部が機能していたのか。それでも、ああなのか。などと揶揄されたあの産経校閲部が、また一つ伝説を作りました。しかしこんなに日本の地理についてお粗末な連中が「愛国」を鼓吹するってのは何の冗談なんでしょうか。

posted by あぐりこら at 13:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

その場の気分で他人を最低呼ばわりしたら大炎上したでござるの巻

国民的アイドルグループのメンバーが泥酔して全裸になって高歌放吟したら警察に捕まってガサイレまでされてしまった件ですが……マスコミとファンは大騒ぎですね。下戸の当方は酒を飲んでもちっとも愉快にならないので、ある意味で羨望すら感じますけどね。

続きを読む
posted by あぐりこら at 12:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

八百長フォーラムの仕掛け人が良く言うぜ

「産経抄」といえば、逝かれっぷりに魅せられたコアなファンまでいる額縁入りの電波コラムなのですが、今日も今日とて頭の悪いことを書いてます……正直、産経新聞の中の人は全員もう一度義務教育をやり直した方が良いんじゃないかと思いますがどうでしょう。

続きを読む
posted by あぐりこら at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

さいきん自民党がはしゃいでます

たとえばちょっと前に小沢一郎の秘書が検察に引っ張られた直後、見るに堪えない醜悪なはしゃぎっぷりを衆目に晒したミスター反転攻勢こと細田幹事長。敵失に乗じるしか能がないなんて、まるで民主党ですね。二階だの森だのに流れた「西松マネー」の件はどうなってるのさ。裏金作ってた岩永とかさ。

北朝鮮が「飛翔体」を打ち上げたり、小沢一郎の秘書が検察に引っ張られたからって、麻生がそれまで批判されていた点を改めた(たとえば漢字の正しい読み方を憶えた)わけじゃないんですが、なぜか内閣支持率も上向いている模様。要するにどっちだって大差ないからノリで選ぶというのが有権者の行動原理なんですね、わかります。橋下とか森田とか東国原とか石原とか松沢みたいなアホウ連中がもてはやされるわけだ。

タグ:政治
posted by あぐりこら at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

絶賛更新停滞中

「花粉症もやり過ごしたし、良い季候になったことだし、さぁエントリ書くぞ!」……という気分になれない今日この頃です。こんなに良い季候だったらパソコンに向かってキーボードを叩くより本でも読みつつ昼寝がしたいという、かなりダメな理由で更新が滞ってます。世のブロガーの皆さんは勤勉でスゲェよ。

posted by あぐりこら at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

飛翔体(嘲

北朝鮮が発射したロケットだかミサイルだかは、打ち上げ期間初日に自衛隊にガセネタ掴まされたりした紆余曲折の末「飛翔体」となりました。テレビのニュース報道などで前日まで「ミサイル」呼ばわりしていたことをスルーして何食わぬ顔で「飛翔体」と呼んでるのが素敵です。

それにしても、発射されるまでは「ミサイル」で、頭上を飛んで行ったら「ロケットだかミサイルだかわかんない飛翔体」ってマヌケな物言いですよねぇ。

タグ:トンデモ
posted by あぐりこら at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ミサ〜イル、ミサ〜イル♪

小学生の高学年だか中学生だか記憶が定かじゃありませんが、そのころBLUE HEARTSの「ミサイル」という曲を耳にしたことがありまして、最近の「テポドン」騒動で久しぶりに思い出しました。もっとも、当方はブルーハーツが好きだとか歌詞が好きだとか曲が好きだとか言うわけじゃなく、「ミサイル」でキーワード検索をかましたら脳の中からこんなん出ました、という程度でしかありませんが。

続きを読む
posted by あぐりこら at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

産経抄子が旧世界の遺物を復活させた件

ユパ:「産経抄ファンクラブで不吉な噂を聞いた。浅見定雄に完膚無きまでにたたきのめされた旧世界の遺物が、復活したというのだ。」
ミト:「旧世界の遺物!?」
ユ:「『日本人とユダヤ人』だ」
ミ:「『日本人とユダヤ人』!?あの、山本七平がユダヤ人イザヤ・ベンダサンの名を騙って書いたという……」
ユ:「産経新聞社はウヨに媚びる新聞社だ。死んだ山本書店店主といい、気になる……」

3月22日の「産経抄」はステキな電波を発散しておりました。

全員一致による決定は無効とする。というのはイザヤ・ベンダサンの『日本人とユダヤ人』で紹介された古代ユダヤの国会兼最高裁のような機関での決まりである。全員一致は全員が誤りを犯している可能性があり、それを検証できないからだそうだ。
続きを読む
posted by あぐりこら at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。