2010年12月28日

産経新聞記者は日本語の能力不問らしい

民主党憎しで凝り固まった産経新聞が「仙谷氏「専業主婦は病気」と問題発言か 本人は「記憶にない」と釈明 - MSN産経ニュース」なる記事で、性懲りもなく歪曲報道をやらかしてくれました。俺も民主党は大嫌いですが、ここまでなりふり構わない姿勢を見ると「必死だなw」と嘲笑せざるを得ませんね(強調はあぐりこら、引用部の誤字脱字その他は原文ママ)。

仙谷由人官房長官が4月の子育てシンポジウムでの講演で「専業主婦は病気」と受け取られかねない発言していたことが27日、分かった。仙谷氏は同日の記者会見で「そんな表現をした記憶はない。男性中心社会の固定観念が病気であると、絶えず申しあげてきた」と釈明した。

仙谷叩きのネタが見つかって欣喜雀躍するあまり助詞まで書き忘れてしまっているんですね、わかります(嘲)。ところでその「受け取られかねない発言」ってのはどういう代物なんでしょう?

幼稚園情報センターのホームページなどによると、仙谷氏は4月26日、全国私立保育園連盟による「子供・子育てシンポジウム」で講演し、「専業主婦は戦後50年ほどに現れた特異な現象」と分析。「(戦後は女性が)働きながら子育てする環境が充実されないままになった。もうそんな時代は終わったのに気付かず、専業主婦に家庭の運営を任せておけばいいという構図を変えなかったことが、日本の病気として残っている」などと発言した。

……これのどこが「専業主婦は病気」と受け取られかねない発言なんだ?どこからどう見ても、家庭のことは専業主婦に丸投げすればいいという価値観が日本の病気であり、専業主婦自体には何にも言っていないわけですが産経記者にはちょっと難しい日本語だったんですかねぇ。毎度のことですがこの新聞社の記者になるために日本語能力って必要無いのかよ?と心底呆れ果ててしまいます。こんなダメ記者ばかり寄せ集まっててよくまぁ潰れないもんだとある意味では寒心感心しますね。

posted by あぐりこら at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我らが自称全国紙(笑)産経新聞といえば、先日もダルビッシュ有のツィッターだけで「メジャー移籍か?」という捏造記事をMSNにでっち上げ、ダルビッシュが嘲笑したところ「紛らわしいこと書くな!」と逆ギレした記事をMSNにアップし、さらにダルビッシュに「某新聞逆ギレ?」と嘲笑された挙句にMSNにアップした逆ギレ記事を自ら消去するというズンドコぶりを披露してましたね。裏も取らずに妄想だけで記事を書き上げるなんていうのは、夕刊紙やおっさん向け実話週刊誌なんかのイエロージャーナリズムなら許されても、一般紙・クオリティペーパーを自称するならできませんよね。
まあ、産経自体が便所の落書きか極右カルトのアジビラレベルといわれてもしょうがないのかもしれませんけど(笑)。
Posted by 凡人69号 at 2010年12月30日 21:07
凡人69号さん

ウラ取りをサボってコタツ記事を書いたダルの件も大概みっともなかったんですが、こっちは裏を取って「そんなことを言った記憶はない」と否定されているにも関わらず載せているわけですから、輪をかけて凄いですよ。
Posted by あぐりこら at 2010年12月31日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。