2009年09月22日

これも天が用意した危機ですが?(嘲

櫻井よしこという「妙齢の女性ジャーナリスト」(by bogusnewsコメント欄)がおります。 アメリカにはアン・コールターという最低な「妙齢の女性政治家」(ちなみに共和党)が いるのですが、櫻井(「氏」なんて付けるのは勿体ない。呼び捨てで十分です)はその日本版とも言うべき 下劣な理屈をあちこちで吐き散らしており、当ブログでも批判したことがあります。

そんな櫻井のコラム「 【正論】民主党政権発足に寄せて ジャーナリスト・櫻井よしこ」が例によってMSN産経の「正論」欄に掲載されていたのですが、 大いに不快な(ある意味では愉快な)内容だったので思わずはてブ してしまったことでした。以下に特に不快な部分を抜粋してツッコミを入れてみます。

私たちはすでに、奇妙で不条理な幾つかの動きを米欧諸国で見てきた。米国下院は事の真相を確かめることもなく、慰安婦問題で日本非難の決議を採択した。 カナダは、「南京大虐殺」など日本の「蛮行」を詳述した教科書を導入した。 欧州でも同様の動きがある。受け容(い)れ難い捏造(ねつぞう)に基づく日本非難の歴史観と、拭(ぬぐ)い難い対日不信が国際社会に広がりつつある。
慰安婦決議のマイク・ホンダ氏に見られるように、この種の一連の動きの背景に中国共産党の戦略、戦術があると考えてよいだろう。 中国が表で展開する微笑外交と裏で進める反日情報戦略の結果、日本は、自由、民主主義、国際法、人権と人道などの価値観を共有する 欧米諸国から厳しい批判を受けるに至った。中でも米国は同盟国だ。本来ならば、より良い世界を構築するために手を携え、協力し、助け合うべき間柄だ。

宗主国様やカナダやヨーロッパなどの諸国で大日本帝国の悪行を糾弾する決議が採択されている裏には中国の「反日情報戦略」があるんだそうです……アメリカで「THE FACTS」なんてアホな広告を打つほうがよほど「反日」な「情報戦略」だと思うんですけど、 それはさておき御自身の過去のコラムとの整合性はどうなっているんですかね。かつて俺が批判したコラムではこんなことを書いていたわけですが?

麻生首相の政治家としての価値こそ、いま厳しく問われている。極まる低さの支持率を思い悩んではならない。 眼前の自身の毀誉褒貶(きよほうへん)や評価を離れることだ。 その上で、家族の歴史と国家の歴史の中に己を位置づけて、自分に課せられた責任を果たすことだ。 それができるか否かによってのみ、真価が定まっていく。 使命の筆頭は、9条の実質的改正につながる集団的自衛権の行使以外にない。 ソマリア沖の海賊対策こそ、首相に使命を果たさせるべく天が用意した危機だと思えてならない。

ソマリア沖の海賊対策を「首相に使命を果たさせるべく天が用意した危機だ」などと位置づける胸糞悪い言いぐさは過去のエントリで糾弾したので措きます。今回の問題はその前です。

麻生総理(当時)に対して「眼前の自身の毀誉褒貶や評価を離れ」て「国家の歴史の中に己を位置づけて、自分に課せられた責任を果たす」と「真価が定まっていく」んだから、支持率の超低空飛行は気にせずに憲法改正みたいなウヨ政策に邁進しろと提言していたわけですが、この理屈はどこに行ってしまったのでしょう。総理に対する提言と同じように「中国が欧米諸国に何やら離間策など仕掛けているが、これは我が国に使命を果たさせるべく天が用意した危機だ。諸外国における対日感情の悪化など気にせず、世界の歴史の中に自国を位置づけて課せられた責任を果たし、後世に真価を定めてもらおう」と提言すれば大したもの(※)なのですが、それができないあたりが対米追従が習い性の「チキンホーク日本版」(←俺がこの手のヘタレウヨの勇ましいコラムをはてブする時に付けているタグ)の限界なのでしょう。

※……もちろん俺自身はこういう反動思想を是としませんけど、論理の整合性(by ホーチンフェイ先生)に一定の敬意を表するのは吝かではありません。

posted by あぐりこら at 21:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>この種の一連の動きの背景に中国共産党の戦略、戦術があると考えてよいだろう

そういえば、「太平洋戦争はコミンテルンの陰謀で云々」とのたまった、広島に集まった大勢のサヨクの知り合いの知り合いが靖国神社にもいたような。お二人とも結構な情報網をお持ちなことですね。
Posted by ベースケ at 2009年09月25日 13:41
ベースケさん、コメントありがとうございます。

> お二人とも結構な情報網をお持ちなことですね。
いや、ウヨの情報網を侮ってはいけません、下には下があるのです。

拓殖大学の学長は自称全国紙のコラムで、日本もアメリカの核戦略に組み込まれるべきと国民が考えていると述べていましたが、その根拠なんて「いくつかのブログ」でそういう「意見が頻繁に書き込まれている」から(http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090810/plc0908100235000-n2.htm)ですよ?

あまりのインテリジェンスに開いた口がふさがらないどころか顎の蝶番が外れそうです。
Posted by あぐりこら at 2009年09月25日 14:27
さすがネトウヨの理想の女性ですね。
妄想や陰謀に磨きがかかってますな。
Posted by 珍坊痔漏 at 2009年10月01日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。