2009年03月07日

【断・あぐりこら】血筋に甘える皇族たち

pr3さんのコメントに発想を得て書いた。こんなに不敬になるとは思っていなかった。今も反省していない。

ご注意:下記の文章には天皇制を支持し、皇室を敬慕する方に不快感を与える表現が含まれています。

世の中「御病気」一色である。毎日のように皇族の体調不良が報じられている。ちょっとしたストレスや病気などで半病人のまま公務を行わざるを得なくなり、何の落ち度もないのに、突然、アホウヨの批判にさらされる御一族は、本当に気の毒としか言いようがない。

しかし最近、「おれは体調が悪いんだ」と主張する皇族たちの報道に接して、腑(ふ)に落ちないことがよくある。彼らの言い分は主にこうだ。景気が悪いのも、職を選べないのも、住居の自由がないのも、政治の責任だ。恋愛の自由がないから、結婚も離婚も簡単にできない。晩婚化・少子化が進むのも当然だ。一連の御病気に関する報道に影響されたのか、自分たちは何も悪くないのだから、救ってもらって当然というような論理を展開する。

懸命に働き必死で家族を養ってきたのに企業の勝手な事情で職を失った人より、こうした皇族が重く扱われている状況に納得のいかないものを感じてしまう。

少し前、天皇の体調不良を考慮して公務を減らすというニュースが注目された。宮内庁が、ウェブサイトで御公務及び宮中祭祀の進め方について所要の調整・見直しを行うべく検討を進めてきたところ,今般,御公務及び宮中祭祀に係る調整・見直し事項を取りまとめるに至りました。という発言をしていたが、あいた口がふさがらなかった。宮中祭祀を軽んじて何のための天皇か。逆に祭事や公務で至れり尽くせりの生活を送れるのは幸運だろう。

私が就職活動をしていたとき、男女問わず学生は超氷河期のまっただ中。この厳しい環境の中、運よく希望の家系に生まれることができても、「皇統」が未来永劫(えいごう)存続する保障はどこにもない。万世一系という言葉を楯(たて)に、自分を甘やかす風潮が助長してはいないか。

あぐりこら featuring 横田由美子・諧謔家
posted by あぐりこら at 13:07| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前一度コメントさせていただいて以来凄くお久しぶりです。
タブーについて遠慮無く書いたエントリーは好きなので、トラバさせていただきました。
花粉症、お大事にしてください。
Posted by 秋原葉月 at 2009年03月19日 23:14
秋原葉月様、コメントありがとうございます。

> タブーについて遠慮無く書いたエントリーは好きなので、トラバさせていただきました。
トラックバック一覧を確認しましたが、受信していないようです。先日トラックバックスパム対策のためにブログの設定を一部変更したので、それが原因かも知れません。詳細は下記エントリをご参照ください。

・ブログの設定を変えました <http://georg-agricola.seesaa.net/article/113017508.html>

> 花粉症、お大事にしてください。
もっと長引くかと思ったのですが、幸いなことにもう症状のピークは越えたようです。
ぼちぼち再開しようかなと思ってます。
Posted by あぐりこら at 2009年03月19日 23:57
こんばんは
またトラバが通らないかもなので、こちらに直接URLを書きますね。
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-179.html
失礼いたしました。
Posted by 秋原葉月 at 2009年03月20日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115274271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[watch][assort]産経対馬キャンペーン、相手にされず、他。
Excerpt:  昨日はさぼってしまったので、8日9日分をまとめて、というかほとんど8日分ですが。 「対馬の自衛隊拡充も」河村官房長官 - イザ! http://www.iza.ne.jp/news/newsart..
Weblog: 黙然日記
Tracked: 2009-03-09 23:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。