2011年08月17日

産経抄がネタ過ぎて爆笑

今年も敗戦記念日(VJ DAY/光復節)が過ぎてしまいました。俺は前日コミケに行きそびれて腑抜けてたんですが。

さて、8月の産経といえばやたらと電波を飛ばしまくることで一部愛読者に好評を博していますが、愛読者の端くれを自認する俺をもってしてもこの展開は読めなかった、というのが8月7日と9日の「産経抄」による合わせ技でした。まず7日から。

戦後、日本文化が深刻な危機に直面したことがある。当時、支配していた連合国軍総司令部の民間情報教育局(CIE)が、日本語のローマ字化を企図したのだ。漢字は習得が難しいから日本人の教育程度は低い。このため戦前、軍部の独走を許したのだという。
乱暴至極の理由だったが、日本人にも賛同者がいた。小学校で算数をローマ字で教える「実験」も行われた。しかし文部省の教育研修所が日本語の読み書き能力の調査をしたところ、過半数が90点満点で80点以上だった。心配ご無用となりCIEも断念したのだ。
続きを読む
posted by あぐりこら at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。