2010年11月23日

珍説!!関東大震災は政府の自作自演だった!

フルタイムのアルバイトを始めたり自動車教習所に通ったり(仮免許を取得しましたが手間取りすぎて教習料を追加で払わないといけないのが頭痛い……)して、産経ヲチは続けていてもブログ更新の暇をなかなか確保できません。そんな状況でもさすがにコレはあんまりだ、と思った酷い「【産経抄】11月22日」をこき下ろしておきます。

もっとも、事件(あぐりこら註:日比谷焼き討ち事件)にはまだ謎が多い。各地で警察署や市街電車が襲われた現場には、指揮者がいた、との証言が当時からあった。黒幕は当時の首相、桂太郎その人だと主張する研究者もいる。
民衆の怒りの「ガス抜き」を図り、その上で言論統制に乗り出したというのだ。確かに事件の翌日、戒厳令と新聞雑誌取締令を発した政府の手際はあまりによすぎた。この説に従えば、情報隠蔽(いんぺい)に走る政府の恐ろしさが強調され、仙谷氏の発言はやぶ蛇となる。

へぇ、翌日に戒厳が宣告されると、政府の手際は「あまりに良すぎ」るから自作自演を疑って良いんですか。たとえば関東大震災も翌日に戒厳が宣告されている模様ですな。震災当時は首相が急逝して不在で、おまけに政府にも震災の被害が及んでいたというのに、桂太郎が首相だった日比谷焼き討ち事件とほぼ同じ「翌日」に戒厳を宣告するわけですから、これは日比谷焼き討ち事件当時の政府をも上回る手際の良さと断言して差し支えないでしょう。政府の自作自演に相違ありませんね。

地球にはかつて超古代文明が栄え、原子間力を操作して超高密度の物質を作る技術が開発されたんでしょう。そしてその技術で破壊不能な装甲を作ろうとしたのですが、質量が大きすぎて使い物にならず、大重力の人工天体に大都市上空を通過させて大地震を発生させる「地震兵器」が建造されたに相違ありません。政府は隠密裡にこの地震兵器の制御法を手に入れ、首相の不在を良いことに帝都上空を通過せしめて大震災を起こしたのです!

……以上、元ネタは小川一水「復活の地」(ハヤカワ文庫)でした。

posted by あぐりこら at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。