2010年04月19日

外国人看護師の受け入れ自体は結構だが

日本では看護師や介護士が不足している一方、東南アジアでMADE IN JAPANを売りさばきたいので、インドネシアやフィリピンから研修生を受け入れて介護士とか看護師になって働いて貰い、そのかわり母国で日本の工業製品の関税まけてね、という制度があります(実際は日本側も一部の農作物の関税障壁を撤廃するなど、広範な相互協力協定ですが)。

しかし、実際に日本に来た外国人研修生にとって日本語というハードルは極めて高いようで、合格率が惨憺たることになってしまい制度の実効性が問題になりかかかっているんだとか。俺は外国人看護師の受け入れ自体には賛成する一方、この制度には大反対で、政府は馬鹿なことをしたもんだと常々思っているのですが、自民党政権時代の失政を糊塗したいんだか、それとも協定が破棄されて関税が復活してお企業様の利益が減っては一大事なのか 「試験問題なんて英語や母国語でよくね?」とワケわかんないことを言い出しているのが自民党の先棒担ぎにして財界御用の自称全国紙、産経新聞です。

試験にしても、まずは暫定措置として、試験問題の漢字にルビを振ったり、問題自体に母国語訳を付けたりすることも検討されていい。 英語の試験問題を作ることも考えられよう。要は知恵を絞ることが大事だ。

……いや、この外国人研修生って、日本の看護師資格を取ったら日本の医療機関で看護師として働くんでしょ?それなのに母国語や英語で出題した問題を回答できれば良いんですか?

続きを読む
posted by あぐりこら at 17:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。