2009年09月18日

男性名詞と女性名詞に関する与太

今回は趣向を変えてジェンダーな与太話です。

西洋にはブツの「性別」が決まっている言語があります。この風習は日本にも多少流入していて、たとえば船舶はアチラでは女性名詞なので、日本でも建造した船舶の最初の航海を「処女航海」と言ったりします。あとは紙なんかでも、古紙からではなく木材から作ったパルプは「ヴァージンパルプ」などといいますね。

ところで、アチラの言語には女性名詞があるからには当然男性名詞もあるわけですが、その割に我々が「処女○○」に対応する「童貞○○」という表記をこれっぽっちも見ないのは 何としたことでしょう?

たとえば自動車が男性名詞とすると、購入後の最初の運転は「童貞ドライブ」と呼べるわけです。 また、揮発性有機化学物質の臭気が抜けきっていない新しいクルマは「童貞臭い」と表現できますね……たとえ西洋にそういう言葉があったとしても、使いたくない言葉ではあります。「なんかこのクルマ、童貞臭くねぇ!?」とか迂闊に使ったら血の雨が降りそうです。

「処女航海」「ヴァージンパルプ」も、妄想想像するとかなりヒワイではありますから、あまり使いたくないですけどね。

posted by あぐりこら at 15:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。